忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛はお粥


時々、仏か一番可愛い自在態。読み蔡志忠経漫画の感がある。--題言

仏教と呼ぶ尼、師匠が私は小さいときから持戒。参拝者を呼び舎てに「若い尼」、「笑み私笄年、親方は髪を削る。梨花純の少年の顔と、日々を贮めて袈衣一色の粗布帽、師匠に触れて膝に胸に五体投地の礼の仏を拝む。

笄年前、師匠、托鉢に行きましょう。開けてチェ晴れの眼問師匠で、何が托鉢。師匠、鉢盛食には、積縁、鉢の間に実施され、自由度化。

托鉢村の東、金持ちの家の髪に花をさす少年(鉢に1枚の金のかんざしを投げてくれ一言:カット負傷者に贈られる、誰が六・。師匠は、愚かな毒をむさぼる。そして、罰私面壁。私はそっと金のかんざし奉仏陀の前で、燈火と仏の鎏金同亮。私は仏さんは、なぜ金本佛前珍、女性は破戒、杖が持つ仏光。

窓の外のカンテラ扑扑やん、仏陀も眠気がありましょう、その燈心朔朔像仏陀の時に触れる手居眠り?額。師匠は戒め、いつも止めることはできない私は仏陀類に努力し、まるで菩提樹下憩う座る仏陀かどうか、もかつて小さな遊休を経て、指に端正な姿を勝手に座って;かそっと一つ燦笑、たまに探偵進窓の筋日光、それをむさぼるの経文も暖かいないかどうかをめくり、もあった蜘蛛の眺めを盗むと、その網どうこの像のように風に織りの一面袈衣。

夜風にわたって、私の顔にふいに困窮、薄凉如経付箋、感じは仏の袈衣を行した顔。うとうとの中で私は自分で言うことに対して:ほら、師匠は間違いだったの、仏は盘坐は依然として仏、金若を女性は色を仏。眠気が濃くなりましたが、まだ覚えている問:馬鹿は何、むさぼるのは何ですか?まるで聴風は:愛がわかった。仏がない語。

托鉢村の西、念のサインを招く主家その顔に駐桃の花、語読み「欲は繊維繊手、ロックリングからくん」チャリン脆声落一枚に鉢に白玉の指輪。師匠、執念には深い苦しみ。そして、私は毎回来て山を、あの女子は私にぬれる濯寧入る、端できない約念を抜く。

独りで清涼泉のほとりを流渓緩やかに、意外にも覚ゆとの声のように水も仏間の供え黙経たり、小魚なども巻き仏陀の前に敬虔な沙弥状になる。仏陀は火試験チンキム、水の間の波が投石など、撃甘露ドラム。仏陀は軽い頼むから染めし、水の間にさざ波など散から岸、日だまりで清冽仏沢。

師匠の責任ある水が少なく、僕が持つ光陰は順番に生苦くし怠け者。私がついている下顎著庵前の汲水壇は、師匠はまた間違ったかもしれない。時々、私は一歩一歩に平伏ながら、ずっとは仏、端はそれだけで栖落鳥、執念未見声が、怎は救いの許しを乞う。ニシキゴイが深い幽の水色に吐纳:あるいは愛だけが見えない恐ろしい。仏のひとみは水のようです、静かで寂しい。

托鉢山を越える足、柴門垣根内立て裾と近所容色靑梅、会って私の濡れた汚の靴を一足糸履。師匠の言葉がなくて、私は知は怒りでまたかも、師匠は遣私拾柴薪。師匠のよ、私は糸にはされなかったことを拒否、あなたも、私绣锦間あった思、無邪気に思。

一歩一歩拾柴薪、一枝一句仏前」:芒鞋布靴はまたどのようですか、糸に代足はまたどのようですか、私達に留意仏陀で七色祥雲したり、踏み蓮、だけ覚えて仏衆間の穏やかな裸足。私はこの時を経ないを供え、端掌に垢を除く拾柴の間に忙しく、誰がまたお知らせ私か念仏。師匠の念仏を見るだけで口の中で、仏陀が心に入る時はすぐに念仏。

柴薪段段にかまど、ぽきんよう引吭声になって死ぬ。両手で各持新柴と灰の枝を思い出して、仏陀の拈花、もし一輪一輪を盛り、しおれてうつむいて、師匠ですね、私たちは明確か言って、何を生で、何が滅。愛とは結局は無明は穴然、仏わからないかもしれない。

托鉢城南相府まで、人には明黄の羅絹織物。師匠がそれを布で一尼寺の壇のカーテン、また仏羽織って錦詰め。そして、私を見て多くの香鼎前の拝跪、世間のことと念そうなので、そのシーンを、やはり、钟鼓木魚声。

私は敢えて問師匠:実は仏陀は塵壌は蒲団にも、木の底が落ちて座った席に座って、礁盘、経文に目の端を自在に指先、天地間の取引の枝を弔う。どうして、きっと加諸これら炫色に仏幟下の旌ドラム、擂る動塵衆の館を求めて、結局難しい人が受賞する禪明。

先生は私に、これは侍佛の愛、離れない捨てず、けして俗世間の贅沢はむさぼる。私はそっと栖は尼寺あの仏陀に横になっての足の裏を尼寺外池に蛙躍水。あるいは私とカエルのようにわからない師匠が言ったので、私のような愛、カエル、時々飛び出し師匠心念に白檀弥煙の封地。

托鉢北まで、大手企業人には真珠。師匠は、その光がもっと勝に油ランプ、写真の一室で最も明るいあのキリッ感知、夜にもはっきり仏容。

仏陀の初めに参悟の途、曾沉暗く果てしないは、菩提樹下明眸起の時、すべてすべて星宇イミテーションようとき、つやがガンジス川、どうして燈火明ろうそく、更にどうして浚うドブガイ取珠。般若は化叶为舟、化夜を昼、下流に逆流が蓮のテクスチャ、次次の仏陀足下衆生の渉渡。

私は少し知って師匠の敬佛爱仏、よう心の間に奉珠。私はなお見たい師匠心にうかがう一輪の蓮は、花の於一衆仏徒の眼の間くのは、夜に枝、ひときわ明の読経の声も気にしないで、昼の花びらにくちづけを萎落、慈悲に盛愛、愛と慈悲にではなく、仏顔も、掛係心の間の燈明。

城にある乞食、托鉢途中検討私施設、持たざる者は、私は1碗のかゆのご飯に見送る。彼を見て食後飛び跳ねて駆け出し、聞いていて彼は大声で呼朋を呼ぶように、私は聞いて仏?陀は弾き語り。仏陀は妙に絃を伴うこと、時に袈衣舞い、あの子供は塵にしゃい散った音符。

やっと少し分かって、もとは、浮世の仏陀の前の愛だけが、一鉢のかゆ飯間。道場は炊ぐかまど、衆の塵を糧にきび、経語薪成仏し、最初の粥汤陀渡世。仏様の前に、珍しい参悟のいっぱいな餍、私と師匠は皆は、まだ少しお願いを悟化一鉢のかゆ、世の乞願いの布施。私は澄み切ったこの時、まさに私を連れて入ろう笄年。私はついに勇気があって直視師匠:托鉢にも、1碗のかゆ、清水の縁、施設間に受け乳湯汲養塵心渡船の飢饉。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R